Menu

サークル紹介

 螢法会は60年以上の歴史を持つ早稲田大学公認の三大法律系サークルの一つです。ここでは、螢法会の魅力を簡単に説明させていただきます。
まず、学習面について。突然ですが、法学部の試験は他学部に比べ難しいと言われています。そこで螢法会では、1年生の法律必修科目を教えるゼミ週3回行い、単位の取得の力添えをしています。また、会室には法律必修科目をはじめ、一般教養科目の過去問・模範解答があり、試験の際の助けとなります。
次に、法律の勉強以外にも多岐に渡る活動がほたるの魅力です。年2回の合宿、コンパ、スポーツを始め、サークルの性質上、司法試験合格者のお話を聞く機会や社会で活躍中のOBに会う機会にも恵まれています。遊びから自己啓発まで、大学生活でしかできないようなことを多く経験することができます。
 そして、螢法会では、あなたが困ったときに助けてくれる、嬉しいときに共に喜べる、本音を打ち明けられる「友人」と知り合うことができます。これはあなたの大学生活、延いては人生を豊かにする非常に大切な存在です。そのような友人には同期や上級生という学年の区切や、男女という区切りはありません。螢法会で築かれた信頼関係は大学生活のみならず、一生涯付き合っていけるほど深い関係になるでしょう。
 興味を持ってくれた方はもちろん、「文章で言われてもよくわからない」という方がいれば、どうか螢法会のイベントに参加してみてください。文面では語りきれない螢法会の良さを直接感じてみてください。そして、是非他のサークルさんとも比べてみてください。
 かけがえの無い大学生という時間、ほたるで、最高の友人と過ごしてみませんか?

一年生からの意見

 去年の1年生の視点からほたるの魅力を簡単に紹介します。
 まず、勉強面。ゼミは分かりやすく、レジュメも要点をまとめてあり、読みやすいです。またゼミ中に分からなかったことや、さらに深い法律知識を近くの先輩に気軽に聞くことができます。もし、ゼミに出られないとしても希望時間に補講を組んで貰えるため、心配無用です。ゼミの後には食事に行ったり、遊びに行ったり…と勉強だけでなく、友達も出来ますよ!
 勉強以外にも多岐に渡る活動がほたるの魅力ですが、これは昨年度の活動を参照してください!
 最後に雰囲気です。三大法サ-にも関わらず、その雰囲気はとってもアットホームです。前期にあまり活動に参加していなかった僕ですが、一度会っただけなのに名前を覚えてくれる人がたくさんいたことがとても嬉しかったことを覚えています!
 最後にひとつ、サークル選びで大事なのは読むことよりも感じること!紙面では語りきれなかったこと、表せないことがどのサークルにもあると思います。色々な所に直接足を運んで自分に合うサークルを探し出して下さい!

螢法会はここが違う!

内容に自信のあるゼミ
 2・3年生の先輩が、1年生の必修科目である刑法・民法・憲法を理解できるまでわかりやすく徹底的に指導します。過去問・試験情報も充実しており試験対策は完璧!(当サイトから過去問・試験情報を参照できます!)

和気藹々な雰囲気
 先輩・後輩の垣根を越えて分け隔てなく、サークル活動を超えて様々な人間関係を築くことができます。百聞は一見に如かず!!

法科大学院(ロースクール)合格者・志望者多数
 2・3年生の先輩の多くがロースクールを目指してガッツリ勉強しています。
 更にここ数年間で東大・早稲田・慶應・一橋などへの合格者を多数輩出!!

司法試験・国家総合職合格者との交流
 合格者祝勝コンパを行ったり、OBの弁護士さんに講演会をしていただいたり、ゼミや飲み会を通して交流を深めています。元法学部長、櫻井孝一名誉教授とお話しする機会もあります。

イベントもたくさん♪
 年2回の合宿の他にも、中華街でお腹いっぱい食べたり、山下公園でピクニックしたり、早慶戦や1・2年会、学年旅行、お花見、お台場でBBQ&徹夜で鬼ごっこ、納涼船、江戸川花火大会、早稲田祭出店、ハロパ、クリパ、有志でスノボ合宿に行ったり、早稲田から東京タワーまで徹夜で歩いたり、バスケしたりフットサルしたりソフトボールしたりとイベント盛りだくさん♪

幹事長からのあいさつ

 新入生の皆さん、早稲田大学法学部へのご入学、本当におめでとうございます。螢法会を代表してお祝い申し上げます。

さて、みなさんの思い描く早稲法での大学生活はどのようなものでしょうか。法曹界を目指して法律の勉強を重点的に頑張りたい人もいれば、大学生らしいサークル活動を存分に楽しみたい人もいることでしょう。思い描くことは人によって違えど、充実した大学生活を送りたいということは誰もが考えることだと思います。充実した大学生活のために必要なものは何でしょうか?それは大学での居場所、そして良き先輩、良き仲間たちだと私は考えます。共に学び、共に遊び、日々の思い出を分かち合い、時には頼もしい相談相手にもなり得る仲間がいれば学生生活はきっと何倍も充実したものになることでしょう。

 そうは言っても沢山の人がいる法学部では気心の知れた友人を作ることも簡単ではありません。そこで当サークル『螢法会』の出番です。そもそも螢法会とは法学部特有のサークルである「法律サークル」のうちの一つであり、法学部生の大多数が所属すると言われている「三大法律サークル」の一つでもある歴史と伝統のあるサークルです。この螢法会、通称"ほたる"では、早稲田大学の中でも最難関とされている法学部の学期末試験を突破するためのレクチャーを行ったり、大学生活をより充実させるために様々なイベントを開催したりしています。具体的には、一年生の必修科目である憲法・民法・刑法についてのレクチャーを週3日行なっています。また、年二回の合宿や早慶戦観戦、バーベキューなどたくさんのイベントを企画してみなさんの仲間づくりの機会を多く設けるとともに、充実した大学生活を送れるよう万全の体制を整えています。

 数多くのサークルが存在する早稲田大学で、居心地のいい場所を見つけるのは大変な事とおもいます。百聞は一見に如かずです。ぜひ一度我らが螢法会にも足を運んで見てください。必ずや気に入ってくれると信じています。それでは、新歓のイベントでみなさんにお会いできることを、螢法会員一同心から楽しみにしています。

 

2019年4月8日
早稲田大学螢法会幹事長 石原歩実

螢法会組織

◆幹事長:石原歩実

◆親睦副幹:広田哲士
 ・親睦⇒親睦の仕事はみんなを盛り上げて活性化させることです!具体的にはイベントの企画、運営などで、サークルの中心的な役割とも言えるでしょう。わいわい盛り上げるのが好きな人にピッタリです!

◆会計副幹:渡辺裕太
 ・会計⇒会計では、主にゼミのレジュメ代などの領収書と引き換えて、精算する仕事を行っています。また、実は学校に対する活動報告などの橋渡し的業務も行っています。もちろん、飲み会等のイベントでの会計業務も行うので、飲み会で「飲まない」ことも仕事になります。

◆合宿副幹:上野英里子
 ・合宿⇒年に2回ある合宿に関わるお仕事を引き受けます!参加者を集めたり、参加費を集計したり、買い出しに行ったり、合宿中のイベントを考えたり、飲み会での雑用をしたり…などなどやることは多いですが、みんなが楽しみにしている合宿を一から作り上げていくのはすごくやりがいがあり、1番の思い出になると思います!

◆広報副幹:米谷瑠華
 ・広報⇒広報では、各イベント時に発行される螢法会の会誌『ほたる』の編集等を行います。サークル員の協力を得ながらTwitterも担当し、螢法会の魅力をサークル内外に広めていきます!

◆名簿副幹:手塚菜緒
・名簿⇒名簿は、会員名簿を作成して管理する係です。その他にも、名札・会員証を作ったり、ホームページを更新したり、レクチャーの部屋を予約したりします。蛍の活動を円滑に進めるため、欠かせないお仕事です。

◆渉外副幹
・渉外⇒渉外という役職は、螢法会を支えてくださっている先生と螢法会との懸け橋となる、とても重要な役割を担っています。具体的には、大きなイベントの際に先生をお招きしたり、おもてなしをしたりします。仕事自体はハードなものではありませんが、渉外委員としての自覚と責任感が要求され、やりがいのあるお仕事です。